ふるさと青汁

MENU

ふるさと青汁を飲んでみました

ふるさと青汁

注目は明日葉のポリフェノールの「巡りを良くする力」

 

ふるさと青汁は八丈島産の明日葉が主原料の青汁です。
明日葉にしか含まれていないポリフェノール「カルコン」のはたらきは、むくみが気になる妊婦さんにぴったり。

 

明日葉は独特のクセがありますが、初回購入時に2週間分がプレゼントで付いてくるので、そちらから試してどうしても飲めない場合は全角返金保証があるので安心感があります。


ふるさと青汁の味は?飲みやすさは?

ふるさと青汁

明日葉独特のクセがあり、はじめは飲みにくいかも?

 

明日葉は食材として利用することがあまり多くない野菜ですが、八丈島では普通に食卓にあがる野菜です。

 

「今日芽を摘んでも明日生えてくる」というのがその名の由来でもある明日葉。
実際に明日生えてくるわけではありませんが、そんな生命力の強さを秘めた明日葉には、ほかの野菜には含まれていないポリフェノール「カルコン」が含まれていて、これが体内に余分な老廃物をためやすい人にはぴったりの成分です。

 

栄養豊富なうえ、ポリフェノールも含まれるカルコンですが、味は独特のクセがあります。
慣れてしまえば気にならないクセですが、はじめは飲みにくさを感じる人もいるようです。

 

ふるさと青汁

 

水に混ぜるほか、牛乳やヨーグルトに混ぜてみるのも試しましたが、クセのあるふるさと青汁は、水と混ぜてさっぱりした感覚で飲むのが飲みやすいと感じました。
牛乳に混ぜる場合は、ホットミルクにして混ぜると、スープのような感覚になるので、おすすめです。

 

 


ふるさと青汁 商品詳細

ふるさと青汁

ふるさと青汁の特徴

八丈島の大自然の中、無農薬で作られた明日葉を主原料に、大麦若葉と桑の葉を加えたのがふるさと青汁です。
明日葉に含まれるポリフェノール「カルコン」がめぐりUPをバックアップしてくれるため、重だるさが気になる妊娠中の方にも人気。

明日葉は少々クセを感じる方も多いのですが、初回購入時、2週間分(14包)がもらえ、全額返金保証が付いているので安心。

価格 3,800円
評価 4
備考 3g×30包
ふるさと青汁の総評

八丈島産の大地の恵みをたっぷり吸い込んだ明日葉が主原料。

定期購入は3,420円で送料も無料になります。
1回での解約もOKなので、1回目から定期購入でのお申し込みがお得です。

ふるさと青汁の明日葉パワー

ふるさと青汁は明日葉・大麦若葉・桑の葉を原料にした青汁ですが、そのうち明日葉がメインの原料です。
明日葉は自然豊かな八丈島産のものを使っており、年に一度、わずかな量しか収穫することができない貴重な原料です。
のできない貴重な
そんな明日葉を葉だけではなく、茎や根っこまでまるごと使って作っています。
スーパーであまり見かけない食材ですが、明日葉は地元である八丈島では頻繁に食卓に並ぶ野菜です。
この明日葉には青汁の原料として有名なケールと比べても多くの栄養素をバランスよく含んでいることがわかっています。
さらに、明日葉にしか含まれていないポリフェノールの一種「カルコン」が健康をバックアップしてくれることが注目されています。
体内の余分な水分の排泄には欠かせないカリウムも豊富に含んでいるため、ふくらはぎや足首などがむくみやすい人などにもおすすめの食材です。