妊娠中も飲める不眠サプ

MENU

赤ちゃんのためにも眠りたい妊娠中 リラックス成分を補給してみよう

ホルモンバランスの変化や妊娠したことによるストレスなどにより、不眠や寝つきの悪さ、眠りの浅さなどのお悩みを抱える妊婦さんもいらっしゃいます。
お腹の赤ちゃんのためにもぐっすり寝たいと思いながらも焦れば焦るほど目が冴えてしまうということも。
眠りにつく夜は通常、副交感神経が優位になります。活動的な交感神経とはことなり、副交感神経は言わばリラックスモードに突入するために働く体のしくみです。
そんな副交感神経にかかわっているのがメラトニンやセロトニンといったリラックスするための神経物質です。
これが何らかの原因でうまく働かなくなってしまうと、布団に入っても目が冴えて眠れないなどといった症状が起きてしまいます。
リラックス成分が不足してしまっている状態です。
そんな時はまずはゆったりとした気持になる空間づくりからはじめてみましょう。たとえば手触りのいいシーツやタオルケットを使うことで触覚からリラックスモードになったりできます。
また身の回りを薄い水色などの色合いのものにしてみる視覚からのリラックス、アロマをたいて嗅覚から大脳をリラックスさせるなども有効的です。
それでもうまく休息ができない、眠れないという時は休息成分をサプリで取り入れてみるのもおすすめです。
睡眠不足はイライラやうつうつなど、精神面にも影響を及ぼしてしまいます。イライラしたときは深呼吸を。甘いものを一口食べるのもおすすめです。そして眠れないことに悩みすぎず、5分、10分ずつでも眠れたならばとりあえずそれをOKとしてみましょう。