妊娠中におすすめの青汁

MENU

妊娠中に青汁を選ぶときのおすすめポイントは?

妊娠中におすすめの青汁は?

まずは「安全・安心」、そして「おいしく飲める」のが続けやすさのポイント!

 

妊娠中に特に過不足なくとりたい栄養素が葉酸・鉄分・カルシウム
それと合わせて、体内の老廃物の排出を助けてくれる食物繊維も不足しがちな栄養素です。

 

食事で摂りにくいこれらの栄養素を補うのにピッタリなのが青汁ですが、妊娠中は安心面・安全面も普段よりも気を使いたいところ。

 

とくに加工食品は、多くの場合「食品添加物」が使われていますが、人工甘味料や増粘剤などの中には、安全性がいまだにはっきりしていないものも・・・。

 

また、青汁の場合は原料野菜の「残留農薬」などのチェックがしっかり行われているものが安心です。


妊娠中の青汁選びでチェックしたいポイントはココ!

  • 妊娠中に必要な栄養素がしっかり入っているか?
  • 残留農薬チェックなど、品質管理がしっかりされているか?
  • 食品添加物が使われていないもの(無添加)が望ましい。
  • 妊娠中でも飲みやすい味か?アレンジ(牛乳・ヨーグルト・お料理など)はしやすいか?
 

妊娠中におすすめ 「無添加」「無農薬」でおいしい青汁は?

神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドの特徴

味 :おすすめ!
品質:おすすめ!
栄養:おすすめ!

添加物不使用、無農薬、おいしいと三拍子そろった神仙桑抹茶ゴールドは、お茶職人が味と品質にこだわりを持って作ったもの。
甘味料や保存料、着色料など一切使わず作られており、味はお抹茶のように美味しく、ダントツのNo.1!
「つわり中もこれに助けられた」という人も多い、味・品質共にいちおしの美味しい青汁です。

メイン原料となるのは桑の葉。
桑の葉には鉄分やカルシウムといった、妊娠中に不足なく摂りたい栄養素が豊富に含まれています。
また、余分な糖の吸収をブロックする働きのある「DNJ」が入っているのも桑の葉の特徴です。

60包入りとたっぷり入ってこの価格はお得。
初回購入時にはおまけがたっぷり付いてくるのも嬉しいポイント。
定期購入なら60包入りは5,415円です。1杯あたり90円代とコスパも良い青汁です。

価格 5,700円
評価 評価5
備考 3g×60包入り、90包入りは8,000円
神仙桑抹茶ゴールドの総評

国際的なお茶の品評会で金賞、モンド・セレクションを受賞するなど、青汁なのに(?)美味しいさは世界的に認められた神仙桑抹茶ゴールド。
青臭さが苦手な人にこそおすすめです。

サンスター粉末青汁

サンスター粉末青汁

サンスター 粉末青汁の特徴

味 :おすすめ!
品質:おすすめ!
栄養:おすすめ!

大麦若葉、明日葉、ケール、モロヘイヤ、ブロッコリーと、栄養豊富な野菜が原料の青汁です。
5種類の野菜はすべて国産。食品添加物は一切使用せずに作られています。
また、ほかの青汁が1本あたり3gから4g入りなのに対し、こちらの粉末青汁はなんと10gが1杯分。濃い青汁は、1杯で野菜100gの栄養を摂ることができます。

他の青汁よりも濃い分、はじめは多少の飲みにくさを感じるかもしれませんが、5種の野菜のブレンドが意外にも飲み心地よく続けられます。
またりんごジュースと混ぜたり、豆乳にはちみつをプラスするとおいしく飲むことができます。

量が多いため混ぜにくいですが、ハンドクリーマー付きなので、簡単に混ぜることもできます。

価格 4,500円
評価 評価4.5
備考 10g×30包
サンスター 粉末青汁の総評

この青汁に慣れてしまうと「ほかの青汁では物足りない」という人も。 とくに妊娠中〜授乳中にかけてのビタミンやミネラルが普段よりも必要な時期には栄養補助食品としておすすめです。

ふるさと青汁

ふるさと青汁

ふるさと青汁の特徴

味 :ふつう
品質:おすすめ!
栄養:いい

妊娠中のむくみが気になる人におすすめなのが明日葉が主原料のコチラ。
明日葉にしか含まれないポリフェノール「カルコン」がめぐりUPをバックアップしてくれます。

明日葉は味に少々クセを感じる方も多いのですが、初回購入時、2週間分(14包)がもらえ、全額返金保証が付いているので、初めてでも試しやすいのがおすすめポイントです。

価格 3,800円
評価 評価4
備考 3g×30包
ふるさと青汁の総評

八丈島産の大地の恵みをたっぷり吸い込んだ明日葉が主原料。
定期購入は3,420円。
1回での解約もOKなので、1回目から定期購入でのお申し込みがお得です。

美力青汁

美力青汁healthyの特徴

味 :ふつう
品質:いい
栄養:いい

「妊婦さんが安心して飲める青汁を」とカリスマエステティシャンの高橋ミカさん監修で作られたのがこの青汁です。
カフェイン量を出来るだけ削り、葉酸・鉄分・食物繊維・カルシウム・マグネシウムなどをプラス。

大麦若葉の青汁は桑抹茶に比べ多少青臭さがありますが、牛乳などと混ぜ合わせて飲むとあまり気にならなくなります。
敏感な方や飲めるか心配という方のために、7包入りのお試しサイズがあるのも嬉しいですね。

価格 4,666円
評価 評価3
備考 定期購入あり・まとめ買い割引あり
美力青汁healthyの総評

他の青汁に比べ、葉酸の含有量が多いため、サプリメントなどを飲んでいる方はチェックしてみるのがいいかもしれません。

妊娠中は青汁をプラスして栄養バランスを摂るのがおすすめ

青汁に限らず、今まではあまり気にならかなったものでも妊娠中は食べるのにも気を使ってしまいがちですよね。
安全・安心なものを選んで食べることは大切ですが、あまり気にしすぎるのはかえってストレスになり、それがカラダに影響を与えてしまいかねませんので注意が必要です。
とはいえ、とくに青汁などの加工食品は原料や加工工程が見えませんから、安心できるものを選びたいのはもっともです。
そこで、妊婦さんが青汁選びをする際にチェックしたいポイントをまとめてみました。
まず、確認したいのはなんといっても安全面です。
食物繊維やビタミンはどの青汁にも含まれていますから、原料や添加物についてしっかり記載がされているかどうかを確認しましょう。
例えば原料は大麦若葉や桑の葉、明日葉、ケールなどが一般的ですが、「農薬不使用」「有機栽培」「国産」などが理想的です。
また、無農薬栽培でなくても残留農薬のチェックをしているものを選ぶと良いでしょう。
さらにチェックしたいのは、添加物。中でも特に香料や着色料は見た目をよくするためだけに含まれていますので、カラダにいいことは1つもありません。これはほかの食品にも言えることですが、残念なことにほとんどの加工食品には香料や着色料が含まれています。
青汁はこれらが使われていないものも多数ありますので、購入前に確認してみるといいかもしれません。
美力青汁healthyなどは、妊娠中〜授乳期の方のために作られているため、カフェイン量まで削っています。また、お試しサイズがあるところも、妊婦さんには嬉しいポイントです。
「安心して飲みたい」という方はお試しサイズがあるものや、返金保証が付いているものなどから選んでみるのもいいでしょう。

妊娠中におすすめの青汁記事一覧

 

妊娠前は「悩むことなくスッキリ」だったという人も、便秘に悩まされることは珍しくありません。力むことをできるだけ避けながら生活しなけらばならないうちに、妊婦さんは腹筋が弱りがちになります。また、悪阻(つわり)などにより食べる量が激減することで、押し出す力が弱まります。さらに、おなかが大きくなるにつれ、腸が圧迫されてしまうことも便秘の原因となってしまいます。さまざまな原因が便秘の要因となってしまうわけ...

 
 
青汁のカフェイン

妊娠中の栄養補給に使いたい青汁のカフェイン量は?コーヒーやお茶に含まれるカフェインは、妊娠中に摂取しすぎると、胎児に悪影響を及ぼしかねません。緑茶や玉露はカフェインが多いため、「青汁もカフェインが心配・・・」と敬遠されるかもしれませんが、実は青汁はカフェイン量が少ない飲み物です。妊娠中に摂りたい鉄分や葉酸、カルシウム、ビタミンが豊富な青汁はつわりや食事の好みが偏りがちで栄養バランスが気になる妊娠中...

 
 

「う〜・・・まずい」のイメージがある青汁ですが、最近では味も改良され、苦味や青臭さの少ないものや抹茶風味のものなどが発売されています。とはいえ、味の好みは一人ひとり異なります。特に野菜が苦手な方などは、青汁の購入にも抵抗があるのではないでしょうか。青汁は普通、1箱に30〜60杯分が入っていますが、もし苦手な味だった場合、無駄にしてしまいかねませんよね。お試しサイズの青汁を販売しているメーカーはそう...

 
 

日々成長しているお腹の中の胎児は、毎日お母さんが摂取した栄養素をたっぷり吸収しています。そのため、妊婦さんは食事の栄養、安全性などにも注意を払う必要がありますが、悪阻や食べたいものの変化などで、思ったように栄養が摂れていないこともしばしばです。そんなときに利用したいのが青汁です。鉄分やカルシウム、葉酸といった栄養素は妊娠中は特に不足しがちですが、青汁を摂ることで補うことができます。また、腸内環境を...

 
 

妊娠中に摂りたい栄養がぎっしり&おいしい 桑の葉の青汁青汁の原料といえば、ケールや大麦若葉が主流ですが、桑の葉の青汁は青臭さがなく、野菜嫌いの人にも飲みやすいのが特徴です。桑の実は「マルベリー」と呼ばれ、ジャムなどとして利用されます。しかし、青汁の原料となるのは葉の部分です。葉の部分は硬くゴワゴワとしているため、野菜としては不向きですが、ハーブティーやお茶としては利用されてきました。また、桑の葉は...

 
 
母乳との相性がいい青汁

授乳中は母乳をとおして赤ちゃんにたっぷりの栄養を上げている分、お母さんもしっかり栄養を補給しなければいけません。母乳の元になる成分は、お母さんの血液だというのはご存知のとおり。授乳中は毎日献血しているようなものですから、しっかり鉄分を補う必要があります。

 
 
幼児も飲めるおいしい青汁

ビタミンやミネラル、食物繊維など、野菜の栄養がギュッとつまった青汁は、ちびっこの栄養バランスを補助するのにもおすすめです。ただし、大人に比べ、子供は味や香りに敏感です。そして、毎日続けて飲んでもらうためには「おいしい」と思ってもらう必要があります。(子供に1日に必要な野菜の量。毎日これだけ食べてもらうのは、意外と大変です。)日々成長する子に必要不可欠な鉄分やカルシウム、各種ビタミン、そしておなかの...

 
 

青汁は普段の食生活でも不足しがちな鉄分や葉酸、カルシウム、マグネシウム、ビタミンB群、ビタミンC、食物繊維などが手軽にとれるため、妊娠中の栄養補助に利用している妊婦さんも多くいらっしゃいます。毎日おなかのなかで成長している赤ちゃんのためにも嬉しい栄養素がたっぷりの青汁は、つわりなどで思うように食べられない方にもおすすめです。そんな青汁ですが、実は妊娠中のお悩みとして多い「むくみ」にもおすすめです。...

 
 

低カロリーながら産後に必要な栄養たっぷりの青汁栄養がたっぷり摂れて、カロリーも低い青汁は産後ダイエットにもぴったり。鉄分やカルシウム、マグネシウム、葉酸、ビタミンB、食物繊維など、バランスが乱れがちな産後に必要不可欠な栄養素をしっかり補える青汁でダイエットをサポートしましょう。青汁の原料となる野菜にはそれぞれ特徴がありますから、あなたの体質や食生活に合わせて選んでみましょう。

 
 

現代は「健康食品ブーム」と言われています。サプリや健康ドリンクなど、様々な種類の成分や栄養素が流行しては廃れていくを繰り返していますが、そんな中で数十年という歴史を持ちながら、利用者さんが増えているのが青汁です。青汁は言わば「野菜の粉末」です。ビタミン剤が栄養素だけを抜き出してサプリにしたのに対し、青汁は野菜をそのまま粉末状にしているため、栄養素以外の様々な成分も一緒に含まれています。そのことが、...

 
 

育ち盛りの子が野菜を食べてくれなかったり好き嫌いが多いと、親としては心配になりますよね。鉄分やカルシウムといった血や骨になる栄養素や食物繊維など体の毒素を排出するために必要な栄養素など、野菜には私たち人間の体を正常に保ち、発育するために必要不可欠な栄養素が含まれています。1日あたりに食べる野菜の量は大人で350gが理想とされています。子供の場合は年齢や身長・体重によって量に違いはあるものの、小学生...