妊娠中 青汁 桑の葉

MENU

臭みがなく妊娠中にも飲みやすい桑の葉の青汁

桑の葉の栄養素

妊娠中に摂りたい栄養がぎっしり&おいしい 桑の葉の青汁

 

青汁の原料といえば、ケールや大麦若葉が主流ですが、桑の葉の青汁は青臭さがなく、野菜嫌いの人にも飲みやすいのが特徴です。

 

桑の実は「マルベリー」と呼ばれ、ジャムなどとして利用されます。
しかし、青汁の原料となるのは葉の部分です。葉の部分は硬くゴワゴワとしているため、野菜としては不向きですが、ハーブティーやお茶としては利用されてきました。

 

また、桑の葉は絹の原料となる繭を作る、蚕(カイコ)のエサとしても利用されています。
美しいシルクは桑の豊富な栄養をたっぷりとった蚕が生み出しているんですね。


桑の葉で妊娠中の栄養バランスを整えよう

桑の葉の栄養素

味だけでなく、栄養素の面から見ても、桑の葉はほかの原料と比較しても優れています。
カルシウムや鉄分、カロテノイド、ミネラルなど様々な栄養素が含まれ、日本でも昔から生薬としてお茶に煎じて利用されてきました。

 

また近年の研究では、DNJ(デキオシノジリマイシン)が含まれていることがわかりました。
DNJは糖の急激な吸収をブロックしてくれるため、糖尿病の治療に効果を発揮することがわかっています。
これはダイエット面から見てもうれしいですね。


 

妊娠中にぴったりの桑の葉青汁「神仙桑抹茶ゴールド」

神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドの特徴

桑の葉をメイン原料に、緑茶・シモンを加え、添加物を一切加えずに作られたのが神仙桑抹茶ゴールドです。

添加物不使用、無農薬と安心の青汁は、お茶職人がこだわりを持って作ったもの。
甘味料や保存料、着色料など一切使わず作られているのに、味はお抹茶のように美味しく、ダントツのNo.1!
「つわり中もこれに助けられた」という人も多い、味・品質共にイチオシの美味しい青汁です。

原料に緑茶が含まれているものの、桑と緑茶とシモンの割合は7:2:1。
カフェイン量は1包あたり約21mgと微量です。

内容量も60包入りとたっぷり入ってこの価格ですから1本あたり100円未満とリーズナブルです。
初回購入時にはおまけがたっぷり付いてくるのも嬉しいですね。
定期購入なら60包入りは5,415円です。

価格 5,700円
評価 評価5
備考 3g×60包入り、90包入りは8,000円
神仙桑抹茶ゴールドの総評

国際的なお茶の品評会で金賞、モンド・セレクションを受賞するなど、青汁なのに(?)美味しいさは世界的に認められた神仙桑抹茶ゴールド。 青臭さが苦手な人にこそおすすめです。

妊娠中に桑の葉の青汁がおすすめの理由は?

青汁をはじめて購入する際にきになることは人によって様々ですが、「価格」「栄養」「安全性」とともに「味」の心配をする方は多いのではないでしょうか。
一昔前の青汁のCM、「ううん、マズイ!もう一杯!」は話題になりましたが、実際に青汁を買ってはみたものの、その独特のニオイが気になり、飲まずに放置してしまうという方も多かったようです。
そんな味が心配、という方に飲んで欲しいのが桑の葉の青汁です。
特に神仙桑抹茶ゴールドは「桑抹茶」というだけあって、味は抹茶やお茶のように飲みやすいのが特徴です。
「お茶村」というお茶屋さんが作った青汁だからこその味には納得出来るかと思います。
また、桑の葉には妊娠中に特に摂りたいカルシウムや鉄分、葉酸、ビタミンなどが豊富に含まれています。味だけではなく、栄養価的にも妊婦さんには嬉しいのが桑の葉の青汁です。
ドラッグストアでは桑の葉の青汁はあまり見かけませんが(大麦若葉やケールが主流ですよね)、妊娠中の栄養バランスを補助するのにも桑の葉青汁は適しています。
「青汁は栄養的に良さそうだけど、飲めるかどうか不安」という方は神仙桑抹茶ゴールドを試してみてはいかがでしょうか。