妊娠中 青汁 便秘

MENU

便秘で苦しいおなかに青汁がぴったり 妊娠中の栄養補給にも○

妊娠前は「悩むことなくスッキリ」だったという人も、便秘に悩まされることは珍しくありません。
力むことをできるだけ避けながら生活しなけらばならないうちに、妊婦さんは腹筋が弱りがちになります。
また、悪阻(つわり)などにより食べる量が激減することで、押し出す力が弱まります。
さらに、おなかが大きくなるにつれ、腸が圧迫されてしまうことも便秘の原因となってしまいます。
さまざまな原因が便秘の要因となってしまうわけですが、妊娠中はできるだけお薬は使いたくないと思っている方も多いのではないでしょうか。
もちろんあまりにも苦しくてどうしても出ない!というときはかかりつけのお医者様に相談し、お薬をもらったり浣腸をしてもらうなどの対策をとる必要がありますが、普段から気を付けられる部分は生活に取り入れていきたいものですよね。
まずは、腸内環境を整えること、食事内容などを見直してみることをしてみましょう。
とくに、乳酸菌・食物繊維は腸内環境を改善するためには欠かせません。青汁を利用する際も、お水で溶くよりもヨーグルトに混ぜ合わせることで乳酸菌を同時に摂取できるのでおすすめです。
また、合わせてこまめな水分摂取を忘れずに。
ノンカフェインのお茶を作り置きしておくなどして、「のどが渇いたな」と思う前にこまめに飲むのがポイントです。